・w・

気まぐれに書き残してく

YES!YES!YES!!

ここ一ヶ月忙しく、梅雨の湿気や夏の日差しで憂鬱を感じていた。

気持ちが落ちると無気力になり

息抜きする為の好きなゲームや映画にすら興味がわかず

身が削れる時が多くなった気がする…

それが続くとストーリー自体を理解するのが苦痛という時がある。

そんな時にぼーっとしていながらでも、頭に入ってくる映画をおススメしたい

 

 

 

 

イエスマン』 2008年

f:id:wakababounin1182:20170805022420j:plain

YESは人生のパスコード

 

 

この映画は何事に対してもNOと答える内向的な主人公が、ある日友人に誘われ受けた集会で何事に対しても『YES』と答えなければならない誓約を強いられる。

 

f:id:wakababounin1182:20170806012624j:plain

『決断を求められれう機会があるたびに

それが何であれ、君の答えはイエスだ。』

 

 

NOと言えば災いが降り注ぐだろうとまで脅されなければ、イエスと言えない主人公にかなり内向的な印象を受けた。

友人が集会を誘いに来るシーンでYES!と叫びながら、友人が銀行の窓を石で割るワンシーンに清清しさを感じるのは私だけだろうか。

 

 

何言われてもイエスと答えるこの作品コメディかよと思うが

即座にイエスと答え考えより、行動を先に起こす。

正直この行動力や影響力が羨ましい 

単純人間なので、このような映画を観ると私も何か行動を起こしたくなる。

 

 

ノープランで行き当たりばったりのサイクリングをやったことがある、朝に出て夜に帰宅。もちろん次の日は筋肉痛だが、その時の達成感は行ってからこそ得られない達成感が無駄だったと感じさせることをさせない。

運動不足の体を一日中自転車を漕ぐのだから、筋肉痛は寧ろ結晶ものだ

 

 

ただこの映画最後まで何でもかんでもイエスと言い続ける物語ではない。

最初は無理やりイエスといい続けていると、次第に心からイエスと言えるようになり

最後は自分で良し悪しを決断できるようになっていく主人公の成長が観られる。

 

 

ラストも何度観ても笑ってしまう好きなシーンがある

白目向くぐらい気軽な気持ちで観てほしい作品だ。